地元密着、小さな大工工務店。

現在は二代目の若松中村建築。

初代設立当初から地元密着。小さくても、地元の方からは『頼りになる大きな存在の大工工務店』を目指してきました。

家づくりに関わる職人は大工だけではありません。

左官・板金・建具・塗装・基礎・瓦・電気・給排水・木材店・・・・・・・・

若松中村建築では、30業種・業者をこえる職人と材料販売店などが力を合わせて

お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいてます。

もちろんほとんどの職人は地元の人たちで、

若松中村建築の『本物の良い家づくり』に賛同してくれる腕のある方ばかりです。

”ほとんど地元の職人”意外とここが大きなポイントで、やはり引き渡し後のアフターメンテナンス時の対応の速さ、自分が手掛けた工事なので内容がわかっている、地元で下手な仕事はできない!という職人魂。

地元の職人たちが日々真剣につくる家だから、住む人にとって、いちばん居心地がよくて、

いちばん好きな良い場所が出来上がるのです。

二代目の私と妻と父、3人少人数で営んでいます。

やはりこの人数ですので、年間に手掛ける新築棟数は3棟ぐらいが限界です。

​今から家を建てる方にとって家族と共に一生暮らすおうち。

だからちゃんとつくらないと。

ちょっとでもよくして渡したい。

裏側の見えないところでも嘘のないものを正直に作りたい。

自分たちできる”最高”のおうちを渡したいと思うのです。 

小さな大工工務店だからできること。

流行に流されず、自分たちが住みたい、ずっと大切に住み続けたいと思う良い家をつくる。

それをわかってくれる人が私たちと一緒に家を建ててくれて、

それをいいと言ってもられえれば私たちはそれですごく幸せ。

この先もブレずに。この気持ちを大切に。​

町の小さな大工工務店だけれど、これからも『頼りになる大きな存在の大工工務店』を目指して。 

若松中村建築で働く、私と私の家族の紹介を。

© 2018 wakamatu nakamurakenchiku All Rights Reserved.